1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中古部品のメリット デメリット




最近では、リサイクル部品、リサイクルパーツとも呼ばれるようになりました。

自動車の修理に部品が必要ですがちょっと高くて修理に躊躇する・・・
乗り換えの予定があるから今はお金かけたくないんだけど・・・

そういった場合に中古部品で修理することがあります。

やはり新品の部品よりは安いのがメリットです。





安い代わりにデメリットもあります。

新品に比べれば、耐久性や寿命が劣ること。
県外からの発送も多いので、部品が用意出来るまでに時間がかかること。
必要な部品が必ず入手できるとは限らないこと。





さて、もうひとつ気をつけたいのは車種によっては定番の故障があること。

「このくるまは、ここが壊れいんだよねぇ。」
というのがあります。

故障するのが定番の部品に中古品を使ってもその中古品もすぐに壊れてしまいます。

 経験豊富なプロによく相談してメリット デメリットを理解した上で
 上手に中古部品を活用したいものです。


スポンサーサイト

【くるまは壊れなくなった?】




時々、耳にします。
「最近のくるまは壊れなくなったよね。」

最近ではない、以前のくるまとはどれくらいの時代のものを表しているのか明確
ではありませんが、修理屋としては疑問におもいます。


実際には故障は減っていないように感じます。

おそらくスパークプラグ、バッテリー、今は亡き(?)コンタクトポイント
定期的な消耗品が長寿命になり、メンテナンスフリーに近い状態になったから
そう感じられるのでしょうか。

冷却水配管等のゴムホース類の寿命も延びています。

ボディ等の鉄製部品の質も向上しています。

全体的にメカニカル的な部分の寿命は延びています。


とはいうものの、突然のバッテリートラブル、エンジン始動不良
冷却水漏れによるオーバーヒートは相変わらずあり、長寿命による
油断もあるように感じます。

メカニカルトラブルが減っても電子的なトラブルは増えている傾向にもあり
これは自動車の電子制御化の流れからこの先も減らないでしょう。


構造的に、メンテナンス性が悪くなってきている傾向にありますが、基本的な
点検は、心がけたいものです。

ちょっとしたことで大きなトラブルを未然に防げていることも少なくありません。



無料メールマガジン

メルマガ登録・解除
クールオートサービス メールマガジン
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
メルマガ登録・解除
 
RSSフィード
リンク
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。